Trappist Beer トラピスト・ビール

トラピスト会の修道院でのみ造られる。ペストによる感染症が流行していた時代、水よりも安全な飲み物としてビールが重宝されたのが始まり。当時は修道士の飲用として、宿泊する巡礼者にも振舞われた。断食の期間もこれだけは飲むことが許されたという。そんなトラピスト・ビールを名乗れる醸造所は、世界でわずか14箇所だけ。(2019年3月)うち6箇所がベルギーにある。ラベルには「Authentic Trappist Products」という独自のマークが使用され、歴史と宗教と伝統が詰まったレアなビールだ。

TASTE

熟した果実を思わせる甘みと複雑な味わい、個性的なビールが多い。高アルコールが特徴的

BODY
口当たり

フルボディ

INGREDIENTS
原材料の特徴

代々受け継がれている修道院による秘伝のレシピ

FERMENTATION
発酵方法

上面発酵

GLASS TYPE
このグラスで召し上がれ

ゆっくり飲めるように平たい形が特徴的な聖杯型

BEST TEMPERATURE
ちょうどいい飲み頃

12〜16℃前後

FOOD PAIRING
相性抜群の料理

ステーキ
シチュー
タルタルステーキなどの肉料理
馬刺し

SITUATION
こんな時に飲もう

腹を割って話したい
年下に尊敬されたい
家庭での主権を取り戻したい